自動車買取相場を調べるなら、まずは車買取一括査定サイトを使うべし!!

外車ばかり選んでしまう人

高級車であり最も信頼性の高い車といえばドイツ車でしょう。フォルクスワーゲンのディーゼルエンジン問題はあるもののやはり今でも不動の人気を誇っているのがドイツの車です。ドイツ車の安心感を手に入れるため、ドイツを中心とした外車ばかりを選ぶ人がいます。それも1つの価値観ではありますが果たしてそれでいいのでしょうか。その一つの事例としてそのような外車の目利きともいえる人に評価の高いクルマのひとつにフォルクスワーゲンの『ゴルフ』があります。前述した通りディーゼルエンジンの問題があったとは言えやはりいまだに人気のある車なのです。サイズとしては、トヨタのあ中型車と同程度で大きくはないのですが、そこはやはりドイツの車であって内装を含めた装備に日本の車とは違ってお金をかけています。そのような事情もあり、新車は250万〜300万円くらいしますが、それも中古車市場ではある程度の年数が経つと国産車などと同じような価格になってきます。外国車は中古車市場での価価格の下落が激しいと言われています。それくらいの値段になった中古の『ゴルフ』を買うと、他の外国車と同様におトクなわけです。まさに価格が下落したところを見越して「ドイツ車の安心感を手に入れる」というとてもお得な感覚です。実際の中古車査定相場は一括査定を受けてみれば、おおよその感覚が理解できると思います。

コストカットが進んできた日本
国産車とドイツ車とはどのように違うのか。今でも国産車の方が優れているという評価があるのは事実ですがそれでもまだ外国車の人気は衰えてはおりません。また、外国車における「安心感」とはどのようなものか。これは多分にエモーショナルな部分なのでこれをひと言で表現するのはむずかしいものです。ただし、そのいくつかを示すと、まず、内装面ではシートの質が顕著です。外国車の中でもとりわけドイツ車は国産車より数十万円はお金をかけています。また、ヨーロッパの中でもドイツは安全性の基準が高い国なので、『ゴルフ』クラスでも乗った瞬間の心地よさは日本車でいえば高級車並みです。大衆車であっても、ヨーロッパの基準に照らしてそれだけ精密につくられているといってよいでしょう。一方、日本車は1990年代にバブルがはじけて以降、日本国内だけではなく世界での価格競争に勝つために、あらゆる工程を見直しいろいろなものをカットしてきた経緯があります。そのため、クルマの質で考えると差が生まれてきたのです。たしかに、かつて国産車ではトヨタの『レクサス』がアメリカに進出しはしめた頃は、ヨーロッパやアメリカの市場を考慮して国産車も高級車にチカラを入れて攻勢をかけていた時代があります。今となっては懐かしい時代ですがところが、いまは一般消費者には見えないところでコストカットを始め、品質を落としてしまったという悲しい歴史があることを忘れてはいけません。その状況が続いています。まぁせめて10万キロ以内の物件を買いたいものですね。弟は、10年くらい前のインテRに乗っている。自分と同じで子供が2人いるけれど。家族車としては、軽の屋根が高いスペーシアのターボも所有していたりするが。片道1時間近くの通勤に毎日(インテRを)使っているので、燃費とか消耗品のランニングコストは重要。その点インテRはリッター14キロくらい走るらしく、楽しさと経済性を両立したクルマと言える。弟は、自分ほど色々乗ったことが無い。〔自分ほど色々乗っている方が珍しいのかもしれないが〕 BMWってどうなのよ?と思っていたらしい。それが、前回のGT-R、そして今回のM3と乗って・・・また悪い兄貴が、「短い人生、色々乗った方がいいと、俺は思う」なんてそそのかすと(笑)、結構マジで「これいいなぁ、ランニングコストはどれくらいかかりそうかな〜?」なんて計算し始める始末(笑) そういう自分もいいなーとあらためて思いました。今回、昼飯抜きで、2人で運転を交替しながら、ひたすら走って、6時間半の間に445km走って(筑波山行って、日光いろは坂も。 (いろは坂は一方通行のワインディングです)それぞれのステージで1人づつ堪能)、燃費計は8.4km/L。 BMWの燃費計は割と正確なので、かなり遊んだ〔回した、踏んだ〕割にはいいなと。でもブレーキとかタイヤとか、あと故障した時の修理代とか、インテRよりは大分かかるだろうなぁ・・・、自分みたいに通勤に使わず、休みの日だけならば、趣味車として、アリだけど・・・。じゃぁ、子が離れて2ドアオッケーという心境になったら買うか?・・・いや、もっと趣味性の高いのに行きたいかな?(笑)やっぱり一度はポルシェ911? 今回、6気筒自然吸気の独立スロットルのMTに乗って、その対話の豊かさに、いい気持ちになりました。今や時代はターボばっかり。昔のターボと違い、ターボラグは解消され、ターボかどうか言われなきゃわからないくらいになって来ていますが、でも今回のM3のようなエンジンとの対話はちょっと難しい。動力性能だけならば下からトルクもあって速いんですけどね。音とか微妙なレスポンスはまだ自然吸気が表情豊か。 さらに濃いの・・・を求めるとそっち(NAのポルシェ)かな?と。50対50の重量配分は、アンダーもオーバーもやり方次第で自由自在で良いのですが、RRのクセの強いのも所有してじっくり付き合ってみたいなと。いよいよポルシェもダウンサイジングターボになるようなので、中古ですが。(と言うかポルシェは高すぎて中古しか買えないけど) そんな妄想が、M3で気持ちよく飛ばしている時にアタマをよぎったのでした。 最新のM3は直6に回帰したじゃないか?って?試乗は出来ていませんが、ホットバージョンってDVD雑誌を買ってきて、じっくり何度も見ましたがな(笑) 直6だけど、ターボなんですよね。パワーは出てるみたいだけど、音がなんだか、何と言うか、別物なんですよね。繊細な感じじゃない。別にターボラグがあるわけでも無さそうなんだけど。乗ってみたいですけどね。ドイツまで乗りに行くかな?格安航空券握り締めて・・・機中2泊の弾丸ツアーとか?(笑) そこまで良いですか?!(^^)う〜ん、、、次の車、決まってるからなあ^_^;その後に続く車の候補として考えるか、あるいは、たまに逢う浮気相手とするか(苦笑)いずれにせよ、一度は乗っておきたいですね^ ^総合的に見て、良いですね。 実はこの2日後に、S15シルビアターボ改をレンタルしたのですが、峠限定ならば、シルビアの方が、速くておもしろかったです(笑) なんと340kgも軽いんですよ。その差は大きい。 次のクルマ、気になりますなー、来週はちょっと立て込んでますので、再来週くらい?錦糸町?自分もいつかはNAでMTな素の911カレラ2に乗りたいですが、その前にこういうホンモノに乗ってみたいですね〜ただ、中古Mはランニングコストやメンテナンスコストがスゴイ、という話も聞いているので、欧州車入門なら、現行320セダンのMTを買う方が無難ですかね。そうですね、聞きますね〜維持費高いという話は。320セダンのMTは、代々スポーティーセダンのメートル原器とも言われていますので、それを経験するのは有意義だと思います。あと、やはり素の911のMTってのも一度は所有して経験してみたいものですよね。自分はRRのクセを嫌っていたのに、いざ現行型で薄まると、少なくとも現行型よりは前のタイプがいいかな?などと思うようになっています。人間つくづく無いものねだりです。丸目インプを買った時もそうでした。涙目が出て、「なんてつまらない顔」と思え、旧型のブス顔がかわいくみえるようになりました。(911の話と次元が違いますが、ちょっとぐらい癖があった方が趣味としては楽しいというお話です)ダウンサイジングで直6に戻ったけどターボ付きですか・・・ 嬉しいやから悲しいやらですね。どっかで見ましたが スポーツカーには二種類ある ポルシェとそれ以外だ! やっぱり一度はFlat4なんですかね。細かいこと申し上げてすみません。とりあえず、Flat「6」ですね(ご承知とは存じますが)。でもダウンサイジングの波はポルシェにも押し寄せ、ボクスターなんかは、まじでFlat「4」になっていくというウワサです。でもポルシェはきっと「味」にはこだわって作っていくとは期待するんですけどね。ちなみに、中古のポルシェやBMWの査定相場を調べるなら、いっそ一括査定サイトを活用すべきでしょう。

車一括査定の活用法

 

サイトマップ